1. HOME
  2. ブログ
  3. カラダの話
  4. ストレスによる過食を止めたい!ストレスの原因を知ろう!

BLOG

ブログ

カラダの話

ストレスによる過食を止めたい!ストレスの原因を知ろう!

楽して理想な身体を手に入れる

3つの条件の

1.メリハリをつける

2.食べるものを変える

3.バランスを整える

3.バランスを整えるに関してお伝えします

 

ここで質問です

バランスというとどのようなことを思いつきますか?

 

・・・

・・・

いかがでしょうか?

姿勢・食事・運動

睡眠・時間

など

様々なものが考えられると思います。
バランスを整えるとは無意識で皆さん行ってます。
それは呼吸、循環、歩行
これらは意識しなくても呼吸は止まることなく血液は全身をめぐり
歩くときはふらふらせず真っ直ぐ歩けます。
人間にはある一定を保つ機能が備わっていて
今の体系を維持する機能「ホメオスタシス」といいます。

これが基準になり、呼吸が浅ければ呼吸が促進され
水分が少なくなったら体の中に水分をためる
血液の循環が少なくなったら血圧が上がり循環を増やす
体の中(内部環境)をコントロールする機能これは自分で視覚的に見ることができません
ではどのように良い状態を保てばよいのか?

方法は3つあります

1.ストレスを与える

2.運動・食事・休養

3.自分の身体の認識を作る

この1~3の方法を日々行なう事で今の自分の状態を把握でき
かつより良いコンディション(体調)を手に入れることができます。
今回は
1.ストレスを与えるについてお伝えします!
そもそもストレスというと

肩凝り

お腹が痛くなる

胃がキリキリする

体がだるくて腰が痛い

等で病院を受診した際に先生から「原因はストレスです」と言われたこと多いのではないかと思います

あーストレスだったんだ

そうか!なるほどね!

と納得することありますか?
そもそもストレスって何?
ストレスを受ける原因が本当の原因ではないのか?
じゃあどうしたらいいんだー
とういう感じで言われるがまま通院を繰り返し電気治療や薬を処方され飲み続ける
これで良くなりましたか?
スッキリして良くなりました!という方はあまりいないと思います
何故なんでしょうか?

それはシンプルです!
見えない敵を理解していないからです!

??

なんかスピリチュアルな話になってきたと

いえいえ違います。。。

人は目で見えないものには、どの様に反応してよいかわからないので
対処のしようがなく、本能的な反応が出ますなのでご自身でストレスを認識する事が重要です。

どういうことかというと、そもそもストレスとは
「戦う」か「逃げる」という反応です。
いわゆる戦闘モードです。この反応が外界からの刺激により身体に起こります。

たとえば
朝寝坊して、時計を見た瞬間
やばい急いで準備しないと急いで準備しますよね

この時身体はストレス反応が起き無理やり体をオンにし
とにかく急いでシャワーだけ浴びるそして何とか間に合うように準備します

一方、毎朝余裕を持って起きて自分の好きな音楽をかけながら
コーヒーを飲み朝の時間を有意義に過ごす。

上記の2つの例は、共にストレスが与えられてます

刺激に対しての反応であり、脳は良い悪いで判断しているのではなく刺激により

興奮(交感神経優位)するのか

抑制(副交感神経優位)リラックスするのか

この様な反応が起こります。
この反応をメインで司っている司令官が自律神経系といわれるものです。
聴いたことがある方も多いかと思います
統合失調症や躁鬱病などで取り上げられたりしますが簡単にいうと人間の身体を無意識レベルで
安定させてくれているシステムなのです。

なので自律神経系が乱れると身体のバランスが崩れ様々な症状が出ます
これが不定愁訴というもので、明確な原因がわからないから
とりあえず症状名をつけておこうみたいな発想にしか思えません。

ではなぜこのような、外界に対する反応が起こるのか

これは生きるためのシステム(生存戦略)なんです。(生命を維持する)
この前提を理解したうえでストレスとは何かを理解しどの様に対処するのかを
考える必要があります。ストレスという言葉だけが独り歩きしてるなと感じます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事