1. HOME
  2. ブログ
  3. カラダの話
  4. 感性をひらく路。日常から離れ、感覚に身をゆだねるトレーニングとは?

BLOG

ブログ

カラダの話

感性をひらく路。日常から離れ、感覚に身をゆだねるトレーニングとは?

朝起きて腕を伸ばし背伸びをする。
冷たい水で顔を洗い水を口に含み口をゆすぐ。
ポットでお湯を沸かしコーヒーを淹れる。

日々の朝のできごと。
この日常の中で感覚を意識することはない。
でも、普段で歩かない場所にいくと
その場所に対してカラダは様々な反応を起こす。

たとえば、知り合いから教えてもらった
美味しいランチのお店にいったことを
想像してほしい。

店の前で写真をパシャリ
店内に入りお店の雰囲気や
店員の対応に感心したり
こういう場所なのかと思ったりする

メニューを見たら
美味しそうなメニューに悩み
あれも食べたいなこれも食べたいな
と試行錯誤し決める

料理が運ばれてくるまでは
妄想の時間になり、キッチンから漂う
匂いに期待に胸を膨らませ
ついに料理が目の前にきた!

すかさず写真をパシャリ
ついた料理を観察しながら
口の中にほおばる

ん〜美味しい!
味わいながら無言で食べ続け最後の一口まで
たいらげ名残惜しむように
完食。

はい。普段の食事このように
摂っている方はほとんどいない
と思います。

食事を例に取りましたが
どこかにでかけた、興味がある本を読んだ
など何でもいいのですが

日常と違う刺激
これこそが感性をひらく路。
日常から離れ、感覚に身をゆだねた状態です。

つまり
新しい刺激こそが
感性をひらく路。
日常から離れ、感覚に身をゆだねること。

新しい刺激が加わることで
カラダはこのままではいけない
という反応を起こし
細胞が動き出します。
細胞が動けば、エネルギーが必要なので
エネルギーを運ぶ血液が
カラダをめぐります。

ここでいうエネルギーとは
栄養素や酸素などです。
血液がカラダをめぐれば
カラダは暖かくなり
動きやすい状態になります。
さらに血液はカラダの表面だけではなく
内臓にもめぐっているので
腸内や脳も活性化していきます。

このように
新しい刺激をあたえること
感性をひらく路。
日常から離れ、感覚に身をゆだねること
にはカラダ全身的に変化が起こる!

変化が起こればカラダは変わっていきます。
だから人間は常に新しいことに
チャレンジする=動き続ける動物
なのです。

そういうことなら
トレーニングして刺激入れれば変わるじゃん!
と思う方もいると思いますが
これは違います。

トレーニングすれば変わるわけではないんです。
ここが当スタジオと巷のパーソナルジムの大きな
違いになります。

この違いを知りたいですか?

知りたい方は是非こちらの
公式LINEアカウントに登録して
ください。
こちらでカラダを変える
秘訣をお伝えしています!

https://lin.ee/NOy92de

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事