1. HOME
  2. ブログ
  3. トレーニング方法
  4. 筋トレをマシンで負荷をかけるのはもう時代遅れ?!

BLOG

ブログ

トレーニング方法

筋トレをマシンで負荷をかけるのはもう時代遅れ?!

筋トレはマシンでガシガシ負荷かけないと!
筋トレはマシンを使ってやるからカラダが変わるんだよ!
筋トレは負荷をがっつりかけなと意味がない!だからマシンを使うんだ!
トレーニングジムに行けば必ずある筋トレマシン。
だから当然最初に行ったら、ジムにきたし
とりあえずマシンで筋トレしてみよ。
という人も多いのではないでしょうか?
そもそも目的も人それぞれ。
体力作り・運動不足解消
体型維持・体の不調改善
って
”本気で体型変えたい” ”ダイエットしたい”
という方は少ないかもしれません。
私も某大手ジムで働いてましたが90%の人は
1年間以上変わっていませんでした。

しかし、残りの10%の本気で痩せたい!体型変えたい!
という人向けに今回はお伝えしたいと思います。

その前に
前回お伝えしたリバウンドしないでダイエットする方法はあるのか?
ということをお伝えしましたが、今回はその続編
内臓と脳を運動で鍛えるにはどうすれば良いのか?
という部分をお伝えしていきます!

これは前回のブログで基礎代謝についてお伝えして
その中で、肝臓・脳・心臓・腎臓などの
基礎代謝比率を合わせると約60%!

ということは内臓と脳がしっかり機能を維持していれば
勝手に代謝が上がり効率が良いカラダに!
筋トレしてマシンで高負荷の運動しなくても大丈夫!

でもどうやったら内臓や脳の機能を強化できるのか?

・・・

・・・

「運動」です!

えーさっき筋トレマシンでガツガツやるの
否定していたじゃん。

ご安心を。
運動はマシンでやる筋トレだけではありません。

他にはどんな運動が思い浮かびますか?
筋トレマシン以外ですよ。

ウォーキング、ランニング、ヨガ、フットサル、ゴルフetc…

とこの辺にしときましょう。
内臓と脳の機能を上げる運動は
ずばり。

自重トレーニング(体幹トレーニングなど)
感覚トレーニング(身体の感覚を使う)
なのです!

順を追って説明します。
数年前から、自重トレーニングブームが起こり
体感トレーニングという物がポツポツ行われています。

さてここで皆様に想像して欲しいのですが体幹って
どこですか??

お腹?腰?胸?

曖昧な感じになってませんか?

ちょっと手で触ってみてください。
体幹感じてますか?

はい。
スミマセン。

正解は

さてどこでしょうか?
こちらの方がわかりやすい。

さあわかりましたか?

上記の骨の模型でお伝えすると

この部分になります。
意外と広いんです。
この部分意識してトレーニングしてますか?

答えがNOの人は伸び代しかありません!
もしあなたが体幹トレーニングをしていて
効果が出ていないのであれば
直ぐにでも効果は出ます!

なぜなら、これを知らないから
カラダが反応しない。
だから知れば反応する=カラダが変わるーーー!

もう少し説明します。

⇧表層
実は筋肉は行っこの塊ではなく
層構造になってます。

⇧中間層

⇧深層

はいーやっと骨に到着しました!
ここで本日のお伝えしたかった内容を伝えます。
筋トレマシンでの運動は上記3層の内
どこを鍛えているでしょうか??

また体幹トレーニングは
上記3層の内
どこを鍛えているでしょうか?

この答えがわかれば内臓を鍛えるトレーニングも
お分かりになったかと思います。

まとめ
内臓機能を高める運動は
体幹トレーニング!

その理由は、背骨の近くに内臓がありその内臓を支えているのが
深層の筋肉だからです。

今回は脳の機能を高める運動に関しては
お伝えできなかったので次回お伝えします!

本日もご覧頂きありがとうございました!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事